Category Archives: iphone

Next page →

iphone4s 黒檀バンパー

久しぶりにブログタイトル準拠の更新です。

3Gの遅さに耐えきれず、siriも使えるようになったので、今更ながら4sにしてきました。

長年愛用した黒檀ケースもお蔵入りです(>_<)

秋葉原ヨドバシに行ったら尋常じゃない数のケースが売っていますね。

webで黒檀のケースもチラホラ…

でもやっぱり破損部分を考慮してか、ボタンやコネクタ部分がざっくりあいているのが悲しいです。

ってことで今回も4s用ケースの製作。

iphone4s 黒檀バンパー

今回はケースではなくバンパーにしてみました。

四角四面だと味気ないので、def○みたいに流線型をイメージして…

ラインを崩したくなかったのでマナーボタン部分はディスプレイ面から押し込む形にしました。

+-は前機と同様横長の棒状にしたかったのですが、結局○のままになってしまった。

全体的に今回はボタンの作りが失敗気味なのが残念(>_<)

コネクタ部は前回同様強度を重視して面長気味です。

下でネジ止めをしたのでチョット下ぶくれ気味w もっと極小のネジ使わないとダメだなぁ。

裏面も一応つらいちです。

置いたときに傷が付かない様に微妙に浮かそうとも思ったのですが、結局面一になりました。

内部は一応バンパーってことでシリコンでコーティングしてあります。

コーティングと言っても今回使ったのは黒のバスコークw

丁度お風呂の目地にカビが入ったのでバスコークを取り替えるところでした。

それで「あー!これでいいじゃん」って思ったわけ。ボタン類の接着も伴っていい感じかも知れません。

最初はモロ額縁みたいだったのですが、5回位削り直してこの幅となりました。

それでもまだいけるかな。次回はもっとギリに挑戦してみようかな。

俺的人間工学(なんのこっちゃ)に基づき、中央を斜めに窪ませて流線型っぽくしてみました。

ちょっと写真だと分かりにくい(汗

今時の大きめなスマホ位になってしまいましたが、いい感じに手に馴染んでくれます。

前作同様ワックスフィニッシュです。

お散歩ライト【続き】

なんだあるんじゃないか……
リチウムイオンポリマーでUSB充電が出来るLEDライト。製品名はORION

これはペット用ではなく、取り外しの出来る自転車用のリアライトなのだ。
bikeguyというブランドでUNICOと言うところが出しているらしい。

とても軽く(15g)思ったよりも明るい。サイズは48×28×17mmと目薬程度の大きさ。
これならアーロンにぶら下げても苦にならないと思う。

充電も500回位可能で、赤く光るので結構目立ってくれる。
点灯時間 (満充電時) 回転:約20時間
点滅:約10.5時間
点灯:約5.5時間
と持ちも十分。頻繁に充電する必要がないのだ。

残量が少なくなっても光量が減るようなことは無いみたい。
PCを持っていない人でもUSB ACアダプターを買えば問題なし。
価格は2500円位。電池交換の事を考えればコストパフォーマンスはいいのではないだろうか。

自転車に付けるように出来ているので、首輪にぶら下げられるようにDIY(ってほどでもないw)
or08

前回作ったソーラーお散歩ライトはどうやらお蔵入りかな(>_<)自分のキーホルダーにでも付けておこう……

通常のCR2032を使うバージョンの【RX-6】というのもある。こちらは充電式ではないが点滅で300時間も持つらしい。こっちは1500円程度。
他にも白色に光るフロント用もあるようだ。

これペットショップに置いたらバカ売れすると思うんだけどなぁ。
お散歩ライトを付けているご主人様。これ絶対お勧めですぜ!!

向学のためにiphoneページでのamazonアソシエイトなるものをやってみました。よろしければこちらからどうぞ(^o^)/

Bikeguy オリオンUSBライト
Bikeguy オリオンUSBライト

Amazonで詳しく見る by G-Tools

B002ACNZJY Bikeguy RX-6 クリスタルRD
ユニコ(UNICO)

by G-Tools

お散歩ライト

黒のトイプードルを飼っているのだが、夜のお散歩は目立たないのでちょっと危ない。
or01

自己点滅で3色に光るLEDライト。

ローソン100で売っていたので暫く使っていたのだが、電池の持ちが悪く、夜に1時間程度散歩して2,3日使ったら電池が切れてしまう。
とてもコストパフォーマンスが悪いので、充電出来るボタン電池がないものかググってみた。

LIR2032という充電(二次)電池があるらしいのだが、基本組み込み用で国内では充電器が存在しないらしい。
エネループとかある昨今、ボタン電池の充電器もあったら便利なのになぁと思うのは私だけだろうか。

引き続きググっているとソーラーLEDライトなる物が引っかかった。300円~500円程度。これだっ!と思い早速購入。

or02

結構明るい。分解してみると、LIR2032が入っているではないか。ラッキー!

回路を見てみると、単にソーラーと電池とLEDが繋がっているだけ、点滅用の埋め込み回路は入っているものの、過充電や過放電の回路は入っていない。まぁこの値段なら当たり前かw(と言うかバラで購入したらこの値段ですら買えないだろう)
or03or04

リチウムイオン電池は定電圧定電流で充電しなくてはならず、誤って充電すると爆発にまで至るそうです。コワッ!
また過放電しすぎても電池が使えなくなるらしい…

LTC4054L-4.2という充電用のチップやリチウムイオンポリマーという電池ももあるのだが、そこまでリスク犯してやってもなぁと思い、断念。
データシートを見てみるとこの電池40mAhしかないじゃないか(>_<)CR2032が200mAhなので5分の1。
普通LEDライトは20mA程度なので論理値的にも2時間しか持たないことになる。
それが3つ平行に付いているので、鍵穴確認とかそういった用途で使うにはいいものの、1時間つけっぱなしという用途には向かないかな…残念。

そのままポイするのも癪なので、LEDを1つにして点滅で使えば1回のお散歩位には使えるかなぁと思い、DIY突入。

or05

ソーラー部分はガラスなので、奴にぶら下げたらカジカジすること必至なので危険。
裏のボタン部分もあの位置だとカジカジで勝手に付けたり消したりしてしまうだろう。
ソーラー部分はPET樹脂板という透明な板で保護、ボタンの位置もずらして、LEDを1つに。
ケースはもちろん木製。今回はバーズアイメープルという、メープルでもちょっとお高めの木。鳥の目の様な木目が付いているのだ。
ボタン部分はアクセントで黒檀。四角くくり抜いたのはちょっと失敗だったかな。葉書みたいになちゃったw
ボタンの位置やLED等半田付け直して組み込み。ぶら下げるため回転カンを付けてできあがり。

or06

以前、外部電池バージョンも作ってみたのだが、あえなく失敗。単4とは言え外部電池を奴にぶら下げるのは重いかなぁと思い、リードの方にコードを延長して人が持てばいいじゃん。と軽く考えていたのだが、首輪とリードの接点が回転することを考慮していなかった(-_-)これがその残骸。折角黒檀で作ったのに(T_T)

or07

今回のソーラーLEDお散歩ライトは14グラム。これならぶら下げても重くないだろう。
気に入ってくれるかなぁ。

Griffin AirCurve【改】

やっぱりコッチの方が良い。
アダプタ変更

去年のクリスマスAirCurveが到着し、早く使いたかったから、アダプタ作成を樹脂粘土で妥協してしまった。
使っていてどうもしっくりこない。
AirCurve木製アダプタ

意外とアクリルと木って合うかもしれない。元々このスタンド自体は気に入っていたのだが、前blogにあるように、色々と問題もあった。
今回の素材もいつもと同様ウォルナット、オイルフィニッシュ。
ウォルナットはブラックチェリーや黒檀に比べれば加工はしやすいのだが、若干毛羽立つところが面倒臭い。まぁちゃんと仕上げをしてあげれば良いことなのだが。

最近会社で使っていると、スタンドに置きっぱなしで操作をしたい事がある。まぁ物臭なだけなのだがw そんなん考えてみようかなぁ

innocenceの「あの楽器」

年末年始は仕事が忙しく全く工房をする時間がもてませんでした(>_<)
私の場合製作ネタがないと更新出来ないという悲しいblog。

iphoneニュースを見ていたら、iphoneで「あの楽器」を作っている人を見つけた。
http://www.nicovideo.jp/mylist/10470845
ニコニコ動画なのでiphoneからご覧頂いている方見られなくてゴメンナサイ。他で見られるところあったらどなたか教えてください。
指が綺麗な30代おっさんことiPhone_Pさんの作品。
私も昔はプログラマだったのだがアセンブラ畑でObject_Cは未経験。今となってはマクロを組む程度。
現状ではiPhone開発はチト無理かな。でもiphoneのケースなら出番かと思い。
(・ω・)ノ 手をあげてみた。

あの楽器

「あの楽器」とは、昨今ニコニコ動画技術部で開発合戦が繰り広げられているらしい楽器の事。
【初音ミク】innocence【3DPV】youtube

このpvに出てくる楽器を同作者が「これって作れる?!?」という挑発?をした事から勃発したようです。
このPVは20万ビューになろうかという人気の様で、このビッグウェーブ(笑)に私も乗ろうかと。

今回は軽くて柔らかいスプルースという木を使ってみた。
表面カバーはプラと樹脂粘土。LEDであろう部分にスワロフスキー
くり抜いた所は、本体に傷が付かないよう木粉粘土を敷き詰めた。ダイソーの木粉粘土だがこれがなかなか優れもの。
結構ひきはあるものの固まるととても軽くしっかりしている。コルクがちょっと堅くなった感じかな。
あの楽器

どっちに向けて入れても大丈夫な様に、上下両方にボリュームのスイッチを装備。上向きに付けるとスピーカーから音が聞こえるように、下向きに付けるとイヤフォンジャックが付けられるようにした。

あの楽器

あの楽器

裏面は一応ロゴ。まだ正式名称は決まっていないようですが、「あの楽器」「イノセンサー」「ano」とか言われているみたい。今回はあの楽器wikiのロゴを拝借しました。ミクの肩の01と併せて「ano01」
オヤジがペンキ屋だったのに塗装は三流ですね(T_T)良く触るであろうボタンの部分だけウレタンコートしてあります。他はアクリルクリア(単に全面ウレタンに失敗しただけ)

あの楽器 

iphoneの画像はハリボテ。iPhone_PさんがそのうちAppStoreでリリースしてくれるでしょう。

1/28 折角のニコニコ動画ネタなので、初動画作ってみました。iphoneからご覧頂いている方見られなくてゴメンナサイ。
【ニコニコ動画】Innocenceの「あの楽器」作ってみた

黒檀niwood

黒檀製のniwoodが出来ました。マクロレンズ機能付き。

黒檀めっちゃ堅いです。もはや木じゃないですね(>_<) 重さも従来機の倍、3号機は15グラム、黒檀は30グラム。
マクロレンズはケース内側を削って、おなじみの「ぴた@レンズ」を仕込みました。スライド部分にスワロを埋め込んだので、スライドも楽に出来ます。


半分だけスライドした写真。裏側を極限まで薄く削りました。裏面は2mm強で、レンズの厚みは1.4mm、残りが0.5mmもありません。これも黒檀だから出来る技かも。


ボタンの部分は3号機でほぼ落ち着いたので同じ構造。裏はシリコンゴムで接着しています。押した感じもほぼ裸同様のクリック感です。


今回黒い木なのでスカルプを再チャレンジしたのだが、これまた大失敗(>_<)やっぱり堅いので上手くロゴマークが掘り出せませんでした。修行不足。

今回の改良点は、まずバックスキン部分。0.5mm程彫り込んで埋め込んだ。これによりフィット感が増し、あたりがとれても緩むことはなさそうだ。
次に、コネクタ部分の強化。niwoodで一番弱いのが、このコネクタ部分。マイクとスピーカーとコネクタ、3つも穴が空いているので当然と言えば当然。今回は長さを3mm程伸ばすことで強度を増した。その分全体的にちょっと面長になってしまったが致し方ないだろう。


作成過程でフィルムも幾度となく引っかかって汚くなってきたのでそろそろ変えないとなぁ。

今までの中では一番渋い出来かも。オイルフィニッシュにすると、もっと黒くなってしまうので、今回はワックスフィニッシュ。
さぁ次は何を作ろう…

Griffin AirCurve

師も走るとはよく言ったもので、やっぱり年末は忙しいですねぇ。
Vintage ComputerさんでgriffinのAirCurveなる物が送料無料で出ていたので思わずポチッてしまいました。海外決済なのに銀行振込が可能だったので助かりました。購入金額は2480円

なかなかシンプルで美しいです。売りはスピーカーを使わずに音響効果で10db音量がアップすると言う物。スタンドの中が渦巻き状にくり抜かれており、iPhoneを刺したときにスピーカーの音を拾い増幅する。10dbかどうかは分かりませんが、確かにある程度音は大きくなります。
私が惹かれたのはこの機能ではなく、フォルムとドックケーブルを通して使えると言うこと。ただ、ここにはまた落とし穴がありました(>_<)

ケーブルを装着してdockとして使えると思っていましたが、何と純正のケーブルでは固定が出来ないのです。
iPhoneを刺すにはいちいちケーブルを引っ張り出してiPhoneに刺してからまた戻すと言うことをしなくてはなりません。これでは実用的ではありませんね。折角2G用と3G用のドックアダプタが付属しているのに…恐らく自ブランドのドックケーブルならフィットするんでしょうね、たぶん。
手持ちのケーブルも使えるとありますが「通す」ことが可能であって、固定されるとは書いてありませんしね。
写真にもyour dock cableと書いてあるので、てっきり純正のケーブル対応だと思い込んでしまいました。たぶん私だけではないはず。
因みにUSB型のケーブルしか通すことは出来ません。社外品の大きめのUSBだったりコンセント型の物は分解しない限り通らないでしょう。裏の穴は17mm×8mmで純正のケーブルが丁度通る程度です。私的にはケーブルの件を除けば満足です。これからご購入を検討されている方はご注意を。

私はドックアダプタもniwood用に作るつもりでいたのでなんとか使えそうです。樹脂粘土を使ってケーブル部分を固定しました。
ドックアダプタは木製で作りたかったのですが、凹みを形成するのは結構至難、最終的には木製にしようと思いますが、とりあえずアダプタも樹脂粘土で妥協しちゃいました(早く使いたかったから)

開き直りマクロレンズ

粘着がダメなら、指で押さえればいいじゃん。と、開き直ったバージョン。

黒檀とロゴマークで使ったスカルプチュア(アクリル)で作ってみた。

裏面はバックスキンを貼ってあるので、軽く押さえるだけでずれる事はない。なんかこの使い方が一番簡単な感じがする。
スカルプを削るのに、今まで使っていたヤスリを使ったらまた木くずやヤスリの粒がアクリルに混入してしまった(T_T)俺も学習しない奴だなぁ。次は洗った鉄ヤスリでやらないと。
指で押さえるのにホールド感が欲しかったので、以前デコ電を作った時のスワロフスキーを1つ埋め込んでみた。これでホールド感が増した。ちょっとしたアクセントにもなって良かったかな。
スワロフスキーはガラス玉のくせに結構綺麗に光るのだ。

やっぱりなんちゃってiwoodケースに埋め込むしかないかなぁ。

マクロレンズ続編

友人が粘着性のあるシリコンゴムを探してきてくれた。

水場で使う固定シート、レアタックという商品。確かに100鈞のそれとは粘度が違う。
折角なので薄く小さくしたバージョンを作ってみた。シートの厚みは1mmなので結構小さくなった。

何度か使っているがやはり粘着力の持続性が弱点。直ぐに埃が付いて粘着力が弱くなってしまう。それに、キーホルダに付けていると、取り外して使わないとキーホルダの重みで剥がれてしまう(T_T)
粘着系はこれが限界かなぁ

FOMA dE Dock

最近仕事が立て込んでいて思うように工房の時間が捻出出来ない(´・ω・`)幾つか製作進行している物はあるのだが…次ネタはしばしお待ちをm(_ _)m

今回は購入した周辺機器のインプレッション。

今まで使っていたFOMAやソフトバンク3Gの充電器でiPhoneを充電出来るようにするアダプター。
ご存じの方も多いと思うが、ここには落とし穴がひとつある。iPhoneの純正充電器は出力が1000mAである。乾電池充電器や従来の充電器の場合、出力が500mA程度の事が多い様だ。
出力が低い場合、本体残量が20%以下だと充電が出来ない。FOMA初期型の場合はそもそも最初から充電が出来ないらしい。残量が少ないから必要になるのに本末転倒である。
私の場合、ソフトバンク3Gの充電器で700mAあり10%以下からでも問題なく充電できる事が確認出来た。最近は乾電池充電器でも出力の高い物があるようなので、一応持ち歩くようにはしている。
ご購入の際はご注意を。

※追記:2.2のアップデートで低出力の電源でも充電が出来るようになったそうです。
早速500mAの充電器を入手して試したところ、10%未満からでもフル充電出来る事が確認出来ました。仕様の変更なのか不具合だったのか分かりませんが、これでこいつも問題無く役に立ちそうです。

Next page →