コストパフォーマンス

前回の書き忘れ。またまたiPhoneネタではありません。

結局コストパフォーマンス的にどうだったのか。
ミドボンは最初手に入らないかと思っていましたが、アクアリウムを楽しむ人達御用達の様で、水草にCo2を与えるために使っているそうです。ググれば直ぐに分かると思いますが、某有名酒チェーン店でレンタルしています。
初回保証金で5千円かかりますが、返却時に戻ってきます。次回からは中身を充填するのに2300円程度です。
レギュレータ、ワンタッチ継手、耐圧ホースまでで1万円程度。
ペットボトルキャップを使って作るカーボネータキャップは、自作で2千円程度

自作カーボネータキャップ
初期投資で1万5千円程度かかりましたが、これで炭酸5キログラム。ソーダサイフォンのカートリッジが8グラムですから、単純計算で5000÷8=625本分。
1リットル8グラム換算(実際は強炭酸にしているのでもっと使っていると思うが)で、
15000÷625=24ということで1リットルあたり24円と言う事になります。
次回からは炭酸充填分だけなので2300円で5キログラム。2300÷625=3.68ということで1リットルあたり4円で済んでいます。
Co2削減と言われているなか炭酸ボンベを使っているわけですが、Co2削減ページで計算したところ、5キログラムのCo2はペットボトル70個を捨てるのに等しいそうです。625リットル相当が作れる量でペットボトル廃棄がゼロなのでCo2削減にも貢献していると言うことにもなりますね(ホンマかいな)
色々検索していくなか「地ビールを作ろう!」なるページにたどり着き、今のシステムを流用して地ビールが作れることを知ってしまいました。
元々ビール→炭酸水って所から出発したのに、この地ビール作りたい!というまたもや本末転倒な展開になる予感(´・ω・`)

Posted by 2009年2月24日 4 comments Category: 炭酸

4 comments on コストパフォーマンス:

  1. yamasemi 2009年8月25日 6:54 PM

    こんばんは、自分の家で炭酸水を造るHPを探して着ました。自家製なんてとても興味があります。
    器材投資などは若干有りそうですが、好みの激炭酸水に惹かれます。

    質問ですが、ペットボトルキャップを使って作るカーボネータキャップに使っているチェックバルブとキャップ下(ホース付き)に使われた部品を参考に教えて頂けませんか? お願いいたします。

  2. 2424 2009年8月25日 7:33 PM

    yamasemiさん。こんばんは。お立ち寄りありがとうございます。
    他の記事(カーボネータなど)のコメントをご覧下さい。
    圧力の掛かる作品なので、作成時は十分お気を付けください。自己責任にてお願いします。

  3. yamasemi 2009年8月25日 8:48 PM

    回答ありがとうございます。今回、他の記事も見たつもりでしたがその時はコメント3でした、只今拝見したらコメント6に成って居りました???

    その、ペットボトルのキャップにCVC8-01Bで穴を開けて挟み込む蓋の裏側にはR1/8R1/4異型ニップルを使用でよろしいのでしょうか?

    私も、ホームセンターなどのエアーツール部品等を探して見たのですが、チェックバルブは無かったです。蓋の裏側に付けて、ボトルの中にホースを付けられる様な物も無いみたいですね。購入サイト等、参考にさせて頂ます。

  4. 2424 2009年8月25日 8:59 PM

    今確認したらPISCOでもブッシュありますねぇ。昔は無かった筈なんだけど…
    チェックバルブはあまり店舗では置いていないようです。ハンズも言ったけどストレートバルブだけで、チェックバルブはありませんでした。異型ニップルの場合R1/4Rc1/8ですね。♂♀間違えないようにw内部にチューブを付けないなら異型である必要は無いです。
    樹脂製の安い奴が追加されたようだから、また何個か作ろうかなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。