ベアリングプーラー

ベアリングのメンテをしようと思ったのだが、ベアリングにドライバーを斜めに突っ込んで、コジって開けるやり方があまり好きではない。
ABECいくつとか精度を謳っている物に対してコジって開けてもいいものなのだろうか。まぁスケートの場合は斜めからも力が掛かるから大丈夫なのかなぁ。
車や自転車用とかの大がかりなものは当然必要無いし、ホビー用でこんなのもあるみたいだけど
ベアリングプーラー

ベアリングプーラー

これを買ってしまったらDIYブログの意味が無くなるしw
かと言って、こじ開けは精神衛生上良くないので、ベアリングプーラーを考えてみる。
ここでまた役に立ったのが、エッジガードにも流用した空圧部品のウレタンチューブ。直径が8mmと言うこともあり丁度良い。
部品

部品

構成部品はこんな感じ。
1:長さ120mmネジ系4mmのボルト×1(4mmのネジにしたのは頭が8mm以内じゃないとベアリングに入らないから。)

2:長さ約80mm直径10mmのアルミパイプorプラパイプ×1(内径は約8mm)

3:ネジ系6mmのナット×2 ネジ系4mmのナット×1

4:ネジ系4mmの蝶ナット×2

5:ワッシャー×1(写真ウレタンチューブ下に映っているのは半丸のワッシャーですが無視してください)

6:長さ約13mm直径8mmのウレタンチューブ×1

自作ベアリングプーラー

自作ベアリングプーラー

これをこんな感じに組み立てて…出来上がり。早っ!
free15

使い方はとっても簡単。ウレタンチューブの部分をベアリングに差し込み、蝶ナットをクルクル……
ウレタンチューブが圧力で歪(膨ら)みます。逃げ場が無いのでベアリング内壁と摩擦が増え、引っ張るとスポッツと抜けます。

動作補足

動作補足

補足説明:
蝶ナットAを押さえたまま、蝶ナットBをクルクル回します。
そうするとパイプは「ろ」の方向に、中を通っているボルトは「い」の方向に移動します。
結果、ウレタンチューブはボルトの頭とナットに挟まれて逃げ場が無くなり「は」の方向へ膨らむ事になります。
実際はベアリングに差し込んでいるわけですから「は」の方向にも逃げ場はなく、ベアリングの内壁とウレタンチューブとの間に摩擦が増え、固定されることになります。

丁度、100均とかに売っている瓶の栓をするような感じですね。

おぉ~~!簡単なのにとっても便利。こりゃ商品化出来るぞw コストも100円かかってない。買う人いるかなぁw

フリーラインのベアリングはこれで良かったのだが、強者が現れた(>_<) ブレイブボードのベアリングはウィールの内径が小さい為か、とってもきついのだ。なかなか抜けない(T_T)

困ったときの100均頼み。早速解決策を求め、物色に行く。
そこで見つけたのが、これ。

ワインのコルク抜き

ワインのコルク抜き

そう、ワインのコルク抜き。テコの原理で引き上げればokかな、と。
早速改造。 ♪べありんぐぷーらー2♪

自作ベアリングプーラー2

自作ベアリングプーラー2

芯を取り丸い部分をカットして、アルミパイプに数カ所穴を開けただけ。

free18
使い方は基本的に同じ。ウレタン部分を差し込んでクルクル。後はワインのコルク抜きと同じように、両端のレバーを引き下げれば、スポッ!と。摩擦の強さもねじ込みの量で調整出来るので、きついブレイブボードのベアリングも抜くことが出来た。

free19
幾つかバージョンを作ってみたけど、便利になると欲がでるもの。3~5週しか回さないで良いのだが、クルクルが面倒になってくる。
レバーを押し下げると同時に圧力を掛ける方法が無いものだろうか…
誰か教えてm(_ _)m

Posted by 2009年11月25日 24 comments Category: フリーライン

24 comments on ベアリングプーラー:

  1. ヘタレ刀乗り 2009年11月28日 5:35 AM

    へぇ〜、こんな便利なもの(ベアリングプーラー)もあるんですか?
    自分は、L型六角レンチで引っ張り出していました。
    そして案の定、ベアリングを一個潰しちゃいましたね(>_<)
    安いものなら、買おうかなぁ?

  2. 2424 2009年11月28日 1:28 PM

    ヘタレさん。こんにちは
    はい。ローラーブレードの時は私もそうしていました(>_<)精神衛生上宜しくありません。 便利ですよぉー。コルク抜き付いていない版ならメール便でも送れますし、写真を使わせて頂いたよしみで1つ差し上げますよ(^o^)モニターって言うことでw 色々ダメだし等評価して頂ければ幸いです。 宜しければn424あっとiphoneのメールアドレスドメイン。こちらに住所をお知らせ下さい。

  3. 3106 2010年1月25日 11:20 PM

    はじめまして。
    栃木でフリーラインをしている3106といいます。

    フリーラインでたどりついたのですが、
    i-phoneのケースすごいですね(*^_^*)
    それにベアリングプーラーまで...
    自作の腕に驚きました(^O^)/

    ぜひブログのリンクをさせてください!!
    自分のブログへリンク貼らせていただいてもよろしいでしょうか?

  4. 育児奮闘主婦 2010年2月4日 11:09 PM

    初めまして。
    大阪でフリーラインを家族で楽しんでいる育児奮闘主婦です。

    3106さんのブログよりこちらにたどり着きました。

    ベアリングはまだ交換したことないんですし、

    メンテナンスはすべて主人がしているので、よくわからないんですが、

    なんだかすごいです。

    yahooブログでフリーラインスケートのことを書いていますが

    私も自走できる程度(^^;。

    よかったらフリーラインスケート関連の所にリンクをはらせていただけますか?

  5. 2424 2010年2月5日 12:08 AM

    育児奮闘主婦 さん こんばんは。
    どぞどぞ、こんな拙いブログで宜しければ、貼ってやってくださいm(_ _)m

    オチビのフリーラインテクあっぱれです。あんなスロープ怖くて入れません(T_T)

    編集により何故か3106さんへのレスが消えてしまっていた(>_<) どうぞご自由にリンクして下さいませm(_ _)m

  6. ももこ 2010年9月17日 5:38 PM

    こんにちは。
    ベアリングを脱着する機械がほしー。とおもって探してた所、
    ここにたどり着きました。

    自作できるんですね!私も作ってみたいのですが
    ネジ。。でどうしてそうなるのか。。仕組みも作るのになにが必要なのかもさっぱり
    わかりません。
    お手数ですけど、もう少し作り方を詳しくおしえてくださいませんか?

  7. 2424 2010年9月17日 6:55 PM

    ももこさん。こんにちは。

    まぁ見たまんまなのですが……w
    ぷーらー2の方はちょっと面倒なので、1の方で説明補足。

    ●まずは材料。2枚目の写真をご覧下さい。

    1:直径10mmのアルミパイプかプラのパイプ
    コレはホームセンターやハンズで売っています。
    1番したの写真の左から2番目はプラパイプです。
    ハンズなら「ブラック丸パイプ10」って奴です。
    1mの長さで売っています。
    使う長さは適当ですが約80mm程度です。

    2:長さ120mmの丸頭のネジがあります。ネジ系は4mmです。
    理由は記事に書いてあります。

    3:4mmのナット×1、6mmのナット×2
    4mmのナットは蝶ナットを固定する為に使用します。
    6mmのナットはパイプの太さに合わせるだけなので、ネジ系は関係ありません。

    4:ワッシャー×1
    ワッシャーは滑りをよくするためです。

    5:蝶ナット×2
    片方はネジ固定の為、もう片方はくるくる回してチューブに圧力を掛けるため。

    6:ウレタンチューブ(コレがこのツールのキモです)
    これもホームセンターに売っています。空圧部品のコーナーに行ってください。
    8mmの空圧用のウレタンチューブです。10cmとか1mm単位で売っています。

    ※2枚目の写真にはウレタンチューブの下に黒いワッシャーがありますが、コレは無視して結構です。

    ●必要な道具
    1:チューブを切るもの。(のこぎりやカッターなど)
    「ピラニア鋸」というホビー用ののこぎりがオススメ。
    コレしかやらないなら、プラパイプを買って、カッターで根気よくカットするのがいいかな?
    あとは100均のこぎりとヤスリとか。

    2:チューブとナットを付けるための瞬間接着剤

    3:ペンチ

    ●組み立て方
    3枚目の写真を見てください。

    1:右下から、ネジ、ナットパイプ、ナット、ワッシャー、蝶ナット、4mmナット、蝶ナット
    の順に繋げてください。
    パイプと6mmナットだけ瞬着で接着します。

    2:左上のナットと蝶ナットをペンチでそれぞれ逆方向に絞って固定してください。
    これで蝶ナットとネジが固定されます。

    ●理屈
    先っちょに付いている蝶ナットをA
    内側に付いている蝶ナットをBとします。

    赤いウレタン部分をベアリングに差し込みます。
    Aを片方の手で持ったまま、Bをくるくる回します。

    そうするとネジの頭と6mmのナットの間に挟まれたウレタンチューブが、両側から圧力を掛けられることで逃げ場が無くなり外側へ膨らみます。
    ある程度回すと、ウレタンとベアリングの内壁の摩擦力が増えて固定されます。

    あとは引っ張るだけ。

    こんなんで、説明になりましたか?
    分からなかったら素直に1番目の商品をお買い上げ下さいw

  8. ももこ 2010年9月18日 12:53 AM

    詳しい説明ありがとうございます。
    いまだ脳内では理解できてないのですが
    くみたてればきっと、、わかるはずw

    この通りに作ることができたら
    私が欲しいのは内径が7ミリのベアリングをひっこぬくための道具なので
    2作目は細いのに挑戦してみます!

    ありがとうございました。

  9. 2424 2010年9月18日 1:01 AM

    ん?ん?ベアリングは608系じゃないんですか?
    インラインスケートやフリーラインの??
    内径が7mmだとたぶんこれじゃ入りませんよ。ウレタンチューブが外形8mmだから。
    通常ベアリング内径は5,6,8,10mmだと思ったので、7mmって特殊ですよね?
    ウレタンチューブも6mmか8mmなので8mmを熱で少し延ばしてやるか、
    6mmでやるかになりますね。

  10. ももこ 2010年9月18日 1:31 AM

    はい!わかってます。
    8mmかぁ。。っておもいながらはじめから記事よんでました。

    え、7mm特種なんですか?
    627っていうベアリングを使用します。
    ローラースケートなんです。

  11. 2424 2010年9月18日 1:35 AM

    627かぁ~確かに7mmですねぇ。
    8mmを熱でちょっと延ばして強引に7mmにする。っての位しか思いつきませんねぇ。

  12. ももこ 2010年9月18日 1:43 AM

    イキナリ特種な7mmをなんのスキルもない素人がつくるのは
    無謀すぎるんでしょうか。。

    おとなしく買うべきですか?

  13. 2424 2010年9月18日 1:46 AM

    ttp://www.kose-rc.com/new/new2008[6_25].htm
    残念ながら↑この商品にも7mmは無いみたいですねぇ(>_<)

  14. ももこ 2010年9月18日 1:48 AM

    Σ(゚Å゚)すでにページからないですw

  15. 2424 2010年9月18日 1:52 AM

    リンクアドレスだと括弧が正常に表示されないようです。
    ttp://www.kose-rc.com/new/new2008[6_25].htm
    ↑にhを足してコピペしてください。

  16. ももこ 2010年9月18日 1:58 AM

    みれました!7mmとんでますね。。

    他の人は
    http://item.rakuten.co.jp/spotaka/10021426/

    こんな形の物をイタリアから取り寄せているんです。
    送料や外国への送金もあって1万円ちかくはらっています。

    でも、これも8mmシャフトってかいてありますよね?7mmでははいらない。。

  17. 2424 2010年9月18日 2:01 AM

    こりゃまた本格的な……w

    他にも探している方がいらっしゃるようですね。その方曰く市販されていないんだそうです。(>_<)

  18. ももこ 2010年9月18日 2:16 AM

    やっぱり、1万円払えないとなると、無謀でも自作しかないですね!
    夜分おそくまでつきあって頂いてありがとうございました。

  19. 2424 2010年9月18日 2:19 AM

    今仕事が立て込んでいて、時間取れるか分かりませんが、7mmまでチューブを削って対応出来ないか試してみますよ。抜ける保証無いですけど(>_<) 本格的にスケートやられている方ですか?作れたとしても耐久性あるか分からないです。

  20. ももこ 2010年9月18日 1:14 PM

    ええと。。本格的かどうかはわかりませんが。。
    ローラーフィギュアっていうやつを娘がしています。
    選手人口が少ない上に娘はしょぼいので微妙です。

    他の人たちはベアリングも取り寄せていたりしますが・・
    私がそこまで力はいってないことはいうまでもありません。(ノд-。)

  21. ももこ 2010年9月18日 4:36 PM

    何度もすいません。
    いまだ作り方のイメージトレーニング中だったのですが
    青いパイプのヨコの棒は一体なんあのか。。

    >2:長さ12mmの丸頭のネジがあります。ネジ系は4mmです。
      理由は記事に書いてあります。

    何処に12mmのネジをつかうんだ??って意味不明でした。
    これって120mmですか?
    そして、パイプのヨコがこのネジの事ですよね?

  22. 2424 2010年9月18日 4:49 PM

    12mm→120mmの間違いです。ゴメンナサイ。
    「青いパイプのヨコの棒」とは何を指していますか?
    長さ120mmネジ系4mmのネジ(ボルトと言い換えた方がいいかもしれませんね)

    恐らくまだ理屈をご理解頂いていないようですね(>_<) 補足説明の画像を作ってみました。こんなんでご理解頂けますでしょうか?

  23. ももこ 2010年9月18日 6:04 PM

    「青いパイプのヨコの棒」というのは部品の写真にあった棒の事だったんです。
    なので、120mmのネジ(ボルト)の事でした。

    120mmの間違いでは?と気が付いた時から
    脳内イメージはほぼできていました。
    上の蝶ナットを締め上げる事でオレンジのチューブが縦方向につぶれるので
    ベアリングの内壁にピチと密着するって事ですよね?

  24. 2424 2010年9月18日 6:13 PM

    はい。そう言うことです。記事の方に画像と補足説明を書き足しましたのでご確認下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。