線香花火

かなりのフライングですが、ふとした思いつきで線香花火の音を撮ってみました。
最初百均の花火で撮ってみましたがあまりにもしょぼすぎました(汗
早速浅草橋の花火問屋へ飛び、国産の線香花火を仕入れてきました。
一時国産の線香花火は絶滅していたのが、昨今復活したらしいです。

皆さんナガテとスボテってご存じですか?
私は関東なので線香花火と言ったらカラフルな紙で撚ってあるナガテしか知りませんでした。
関西の方ではスボテと言って藁に黒い文字通り線香の様な火薬が塗ってあります。
こちらの方が歴史が古いらしく、線香花火の由来にもなっている様ですね。

線香花火が燃える様を
牡丹 松葉 柳 ちり菊
に例えて人生の誕生から終焉に例えたそうです。

線香花火

どれも当たり外れはありましたが、国産の線香花火はちり菊になってからとても長かったです。
店のオヤジが「これが線香花火の元祖だよ」とお勧めを頂きました。
線香花火っぽくなく普通に手持ち花火だったような…煙が凄い(汗
 

 

ググってみると色々とお高い国産があるようで興味が出てきました。
皆さんも今年の夏は、国産線香花火試してみては如何ですか?

(画像の答え:左がナガテ)

Posted by 2015年4月10日 Leave a comment Category: 音フェチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。