分割面をどうするか…

2号機までは分割面を2mmのネオジウム磁石4個を使ってくっつけていた。初期のiwoodも確かそうなっていた筈。某掲示板から情報収集したところ、現在ではネオジウム磁石は使っていないらしい。バッテリーや電波に影響が出る可能性があるとかなんとか、マニュアルに書いてあるらしい…まぁあくまで「可能性」なんだろうけど。これで磁石お蔵入りかぁ(>_<)2500円(20ヶ)もしたのに(T_T)

2mmとはいえ磁石を仕込むとそれだけ厚みを確保しなくてはならないので、思ったような形状にすることが難しくなる。3号機は磁石を使わずに本体とのテンションだけでつけるようにしてみたが、しばらく使っていると若干のゆるみが出てきてしまう。現状は厚みを調整して、内面にバックスキンを敷いてテンションを保つようにしている。落としたときに外れちゃったら意味ないからなぁ。

iPhoneのカメラなのでピンぼけはご容赦を…以前どこかのサイトで100均で購入した携帯用のマクロレンズレビューってのがあったなぁ。ダイソーとか探しに行ったけど今ひとつ小さいのが見つからない。どなたかご存じないですか?

iwoodは底面に少し出っ張りを作ってはめ込んでいるように見えるけど、あれも緩まないのだろうか。

Posted by 2008年11月19日 Leave a comment Category: iphone, ケース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。