フリスク

バイノーラル録音は左右はそれなりに音像が定位しますが、
なかなか前方定位しません。(音が前にあるときに前から聞こえないと言う事)
頭部伝達関数の兼ね合いでリアルヘッド収録を自分で聴く分にはしっかりと前方定位します。
が、自分の耳型を取ったダミーヘッドでは、同じように収録しても前方定位がなかなかしません。

ちょっと気がついたことがあったので、
今回は万人に前方定位するようにちょっと工夫してみました。
今回はダミーヘッドでの収録ですが私はそれなりに前方定位して聞こえました。
皆さんは如何でしょう?
目を瞑って何処に音があるか感じながら聴いてみて下さい。
これで多くの人が前方から聞こえるようなら一歩前進かもしれません。

Posted by 2015年6月23日 Leave a comment Category: 音フェチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。