iPhoneを裸で使うためのストラップ

4,5号機でスリップオンタイプのケースを作ったが、よく考えてみれば落としたときの保護を目的としたのがそもそも自作スタートの要因だった。ケースに収めている状態なら大丈夫だけど、使うときが無防備……本末転倒じゃん(>_<)ってことで、裸で使うためのストラップを作ってみた。

以前どこかのblogで本体に穴を開けている猛者がいましたね。流石にそこまでの勇気は私にはありません。
充電用のコネクタを改造して、ストラップをつけただけ(笑 だけって言っても結構苦労はしたが…。
素材は黒檀。とても細かい部品なので、堅さが必要と思ったためだ。元のコネクタは長さが40mm近くあるのでそのままだと不格好。外に出っ張る部分をがんばって15mmまで短くした。
引っかかりの部分は結構堅いステンレスなので思いの外しっかり付いてくれる。分解していないので不明だが、恐らく本体側もステンレスなのではないかと思う(たぶん)

つけたらこんな感じ。やや不格好ではあるが許容範囲かな(笑
勇気を出してぶんぶん振り回したり、ガチャガチャ振ってみたりしたが、取り合えず外れることはなかった。
5号機でiPhoneを逆さまにして入れられるようにしたのも、実はこれが狙いだったりもする。ネックストラップでぶら下げたスリップオンにリングストラップをつけたiPhoneを入れておけば完璧?
これで裸運用も可能かなぁ~

Posted by 2008年11月27日 Leave a comment Category: iphone, 周辺機器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。